わかる!ウイルス対策|セキュリティソフト30日無料比較

スマホウイルス広がるAndroid.Counterclank ウイルス感染500万台以上 公式Androidマーケットからでも

スマートフォンの普及に伴い、ウイルス感染の波も広がりつつある。

シマンテックでは複数のデベロッパーから配信されるAndroidアプリケーションにAndroid.Counterclankと名付けられるウイルスが仕込まれていると報告している。

このウイルスを含むアプリはGoogleが運営するAndroidマーケットで正式に販売されているものだったという。(現在これらのアプリは公開停止されている)

このウイルスを含むアプリの開発元として

 

  • iApps7 Inc
  • Ogre Games
  • redmicapps

 

が報告されている。

開発元とアプリタイトルおよびアプリ販売カテゴリーは以下のようになっている。

Publisher Malicious App Title Category
iApps7 Inc Counter Elite Force Arcade & Action
iApps7 Inc Counter Strike Ground Force Arcade & Action
iApps7 Inc CounterStrike Hit Enemy Arcade & Action
iApps7 Inc Heart Live Wallpaper Entertainment
iApps7 Inc Hit Counter Terrorist Arcade & Action
iApps7 Inc Stripper Touch girl Entertainment
Ogre Games Balloon Game Sports Games
Ogre Games Deal & Be Millionaire Sports Games
Ogre Games Wild Man Arcade & Action
redmicapps Pretty women lingerie puzzle Photography
redmicapps Sexy Girls Photo Game Lifestyle
redmicapps Sexy Girls Puzzle Brain & Puzzle
redmicapps Sexy Women Puzzle Brain & Puzzle

参照 シマンテック 
http://www.symantec.com/connect/blogs/androidcounterclank-found-official-android-market 

 

Androidマーケットの自由には時に危険も含まれる

今回の事例は英語圏でのウイルス配布を企てたひとつの事象にすぎない。

本当に問題なのはAppleが運営するappストアとは違いGoogleのAndroidマーケットは「誰でも自由に無審査」でアプリを公開出来るということにあるのではないでしょうか。

アプリが誰でも自由に発行できてそれをまた第三者が自由にインストール出来る環境。

web閲覧よりも危険なインストールという作業を発生させるアプリのダウンロードはユーザー自身が注意深くあれというマーケット運営元の考えなのでしょう。

Appleのappストアはデベロッパーにとっては面倒な審査がある。

しかし、アプリユーザーにしてみればiPhoneに限って言えばウイルス感染など危険なアプリのインストールを誤って行なってしまう危険性は極めて少ないというメリットがある。

デベロッパーにとって、より自由な公開環境であるAndroidマーケットは悪しき考えを持つ者にも同様の公開環境を与えてしまっているのが現状だ。

今回アプリに含まれていたAndroid.Counterclankにおいてはスマートフォン端末のMacアドレスや個体識別情報を抜き出すタイプのもののようですが、いずれはパソコンウイルスのようにキーロガー的なウイルスが出まわることも想像できます。

現時点で出来る対策

やはりスマホにもウイルス対策が必要なのでしょう。現在はiPhoneは普通に使っていれば安心できそうなアプリしかありませんが、脱獄(JB)iPhoneの場合はこの限りではないでしょう。

一方のAndroidスマートフォンについては簡単に購入、ダウンロードそしてインストールできるマーケットがアプリ発行元にも同時に自由に販売できる環境であるということを考え、レビューや発行元の信頼度を出来るだけ注意深く確認してからインストールすることが望ましいでしょう。

もし感染してしまっていたら

Android.Counterclankのように外部へ勝手に通信を行うタイプのウイルスであれば(実際に端末の中でその動作を実行できるかどうかは不明ですが)市販されているスマートフォン用のウイルス対策ソフトで検知駆除出来ることでしょう。

まだ、そういったスマホウイルスにおいては感染はしても実害を受けたという情報が少ないので大袈裟に不安がる必要は無いと思います。

ただし、危険が身近にあるという認識は私達一般ユーザーにとっても大事なセキュリティ対策であることを覚えておきたい。

 

参考 スマホウイルス対策ソフト 拡大するスマートフォンウイルスとAndroid被害

iPhoneやスマートフォンに関するウイルス感染と対策方法について

※キーロガーとは端末に文字入力した履歴を奪い取るタイプのウイルスで銀行やカードの暗証番号などを抜き経ったり出来る恐ろしいウイルスのひとつ。

2014年以降のWindows XP未更新に強いセキュリティソフト

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

動作の軽さで選ばれて評価ナンバー1
ESET無料体験版

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

安定の人気ソフトといえばVB
ウイルスバスタークラウド無料体験
]