わかる!ウイルス対策|セキュリティソフト30日無料比較

コンピューターウイルスの歴史と同様にスマートフォンウイルスも増加傾向です

IPA(情報処理推進機構)では2012年4月のコンピューターウイルス不正アクセスの届出状況においてウイルス届出情報を以下のように公開。

4月のウイルスの検出数(※1) は、10,339個と、3月の15,841個から34.7%の減少となりました。また、4月の届出件数(※2) は、732件となり、3月の866件から15.5%の減少となりました。

※1 検出数 : 届出にあたり届出者から寄せられたウイルスの発見数(個数)
※2 届出件数 : 同じ届出者から寄せられた届出の内、同一発見日で同一種類のウイルスの検出が複数ある場合は、1日何個検出されても届出1件としてカウントしたもの。
4月は、寄せられたウイルス検出数10,339個を集約した結果、732件の届出件数となっています。

検出数の1位は、W32/Mydoomで5,150個、2位はW32/Netskyで3,646個、3位はW32/Downadで622個でした。

不正プログラムの検知状況

4月は、別のウイルスを感染させようとするDOWNLOADER、オンラインバンキングのID/パスワードを詐取するBANCOSといった不正プログラムが増加傾向となりました。

2012年4月、スマートフォン(Android OS)のアプリケーションの公式マーケットで、不審な動きをする不正なアプリが多数発見されました。公式マーケットに表示されるダウンロード総数から、おおよそ7万回以上のダウンロードが行われたと考えられます

とあります。

参照 IPA

コンピューターウイルスの歴史と同様にスマートフォンウイルスも増加傾向です。

スマートフォンのウイルス対策は不審な動作をするアプリをインストールさせないという点でパソコンのウイルス対策と同様にセキュリティのアプリをインストールしておくことである程度防御が可能です。

注意すること
GooglePlay(Androidアプリをダウンロードするところ)において、人気アプリの偽物やアプリ名や説明文を巧妙に工作したアプリやアイドル写真集を装うなど無料で手軽に使えるという興味を引かせる不正なアプリが増え続けています。
現時点では実際にユーザーが被害にあって報告することで不正アプリは削除されていくようですが、見極めるのが難しいアプリも多く感じます。

  • Google Playでアプリを探していると
  • 不自然な日本語の開設があるアプリ
  • 英語のみの説明文のアプリ
  • ダウンロード数が少ない(1000未満とか)
  • 評価コメントが怪しい

など
GooglePlay内の自由検索結果で出てきたアプリの場合は上記のようなポイントに気をつけて利用をするよう心がけておくべきでしょう。

不正なアプリインストール時の注意と動作

IPAでは以下のように注意を促しています。

不正なアプリは「ほかのスマートフォンOSで人気のアプリ」「有名なアプリ名、アイコンが使われている」「興味を持たせるキーワードが含まれている」といった、スマートフォン利用者に対して強い興味を抱かせる「だましのテクニック」が使われています。
不正なアプリをインストールし実行することで、スマートフォンの端末情報や、アドレス帳の中身が外部に送信されることが確認されています。個人情報やプライバシー情報が流出してしまうため、こうした情報が悪質な行為に利用される可能性があります。

PCウイルス同様、個人情報の搾取を目的としたものが多いようです。
被害にあった際、一番ダメージが大きいのが個人情報とも言えるので細心の注意を心がけたいですね。

スマートフォンのウイルス対策ソフトならウイルスバスターモバイルforAndroid

2017年以降のWindows 10に強いセキュリティソフト

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

動作の軽さで選ばれて評価ナンバー1
ESET無料体験版

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

安定の人気ソフトといえばVB
ウイルスバスタークラウド無料体験
]