わかる!ウイルス対策|セキュリティソフト30日無料比較

大阪、三重、福岡のPC乗っ取り脅迫事件に学ぶ自分のパソコンが遠隔操作されないための3つの方法

遠隔操作されない

先日のニュースで話題になった脅迫事件や殺人予告を乗っ取られたパソコンから送信される。

そんな被害者にならないためにも、最低限行なっておきたい3つの方法を知っておきましょう。

これはパソコン初心者から上級者まで共通に行うべき内容です。

自分のパソコンを完全に乗っ取りから防ぐ方法

  1. 電源を切る
  2. インターネット回線を切断

このふたつが最も効果的な方法です。

しかしながら現実的には電源オフでネット回線を切断となるとパソコンそのものを使うことすら出来ませんよね。

そのため、この大きな2つの方法を出来るだけこまめに行うというのがパソコン初心者にとっては割りと簡単に出来る防御方法なのではないでしょうか。

いちいち、電源や回線をオフにしてられない!

そういう声も多いことでしょう。

では3つ目の対策

それはウイルス対策ソフト(セキュリティ)をインストールしておくこと。

最も手間が省けて簡単な方法がセキュリティのソフトで管理する方法です。

よく聞くウイルスバスターやノートンなどの有名ウイルス対策ソフトであれば基本的にウイルス感染することからパソコンを守ってくれるため安心です。

セキュリティソフトをいれていてもウイルス感染する多くの原因

それは有効期限切れのウイルス対策ソフトでパソコンを動かしている場合です。

ウイルス対策ソフトには1年間の有効期限があるものがほとんどです(場合によっては3年など)

この有効期限が切れると最新のウイルスへの対応ができなくなるという危険が生まれます。

そのため、年度ごとにライセンス更新の料金が必要になりますが、いかなる最新ウイルスにも感染せず、かつ外部からの侵入や不正コントロールを完全に遮断できるツールに保険料を払うのは今や一般的です。

では再確認です。

外部からパソコンを不正操作されないための3つの方法

  1. 電源オフ
  2. 回線オフ
  3. ウイルス対策ソフトを最新に保つ

3番目の対策が最も安心で楽な方法であることは誰でも気づくことでしょう。

2014年以降のWindows XP未更新に強いセキュリティソフト

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

動作の軽さで選ばれて評価ナンバー1
ESET無料体験版

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

安定の人気ソフトといえばVB
ウイルスバスタークラウド無料体験
]