わかる!ウイルス対策|セキュリティソフト30日無料比較

Winny事件のまとめその1

nfight.png

さて、今回お題として取り上げさせていただきますのは、かの有名なファイル共有ソフトウェアWinnyです。Winnyに関しては、さまざまな情報や評論までも行われ、世間に大々的にとらえられました。いわゆる2chの「47氏」が開発したソフトウェアでありまして、著作権の問題と絡んで、開発者が摘発される自体にまで進展してしまったことは記憶に新しいと思われます。

P2Pは商用レベルの活用

実際、この間、海外のP2P(Peer to Peer)ソフトウェアは、商用レベルにまで達してしまい、世界でもっともすぐれたファイル共有ソフトであったWinnyは海外勢に追い越されてしまう事態となってしまいました。特に有名なのは「BitTorrent」が映画などの配給側会社と協定を結び、商用の領域にてしっかりと活用しよう!というまでの事態となってしまっており、国益を損ねている自体となってしまいました。

事件への発展も

この事件は特にその特殊性もあいまって、非常に議論の的となりましたし、また、これからの日の丸ソフトウェア産業に関して、大きな問題提起となりました。とにもかくにも結果的に行って「47氏」に法的な責任はない、というのが最終的な判断でありました。

そもそもソフトウェアを作成することやソフトウェア開発者の開発権利の自由さ、というものを否定するのはあってはならないことだ、という意見も多く、事実、前述したように最終的にはそういった司法判断がなされたようで、「47氏」は責任追及は(ご周知のとおり)されなかったのであります。

この件に関しては、もっと深く論じることも出来ますので、後々追加的にご報告させていただきます。蛇足ですが、「47氏」は上記のようなこんな格闘シミュレーションソフトも作成しているようです。(氏の近年の活動として引用させていただきます)

 

個人情報に関する記事一覧

2017年以降のWindows 10に強いセキュリティソフト

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

動作の軽さで選ばれて評価ナンバー1
ESET無料体験版

【Windows】【 Mac】【Android】全て対応

安定の人気ソフトといえばVB
ウイルスバスタークラウド無料体験
]