1. ホーム
  2. ESET
  3. ≫無料の無線LANフリースポットを使うにはセキュリティソフトは必須

無料の無線LANフリースポットを使うにはセキュリティソフトは必須

無線LANを無料で使えるスポットというのは日本国内はおろか海外にも数多く存在する。

公共の電波でインターネット閲覧をすると自分のパソコンから送信する情報を外部に盗まれる危険性も考慮しなければいけない。

また、無線LANのフリースポットにおいては接続すると、なんらかの外部機器から自分のパソコンへ接続と開放を要求してくるところもある。

自分が意図しないプログラムからのポート開放要求は、やっぱり怖いので開放するべきではないしそのような要求に応じなくてもインターネット閲覧は通常通り行える。

outrigger01.gif

たとえば、このように接続できるネットワークがあり、セキュリティの設定が有効でないネットワークというものが無料で接続できる無線LANの標準的な表記だ。

接続できた際に、イーセットスマートセキュリティでは以下のような警告と保護機能が働く

lan05.gif

他にマカフィーインターネットセキュリティでも同様の接続実験を行ったがこういった保護機能はあるのかないのかも判別できなかった。

無線電波自体が暗号化されていないセキュリティの低いものなので、できれば個人情報や資産にかかわる情報は送信したくないものだが、外部から侵入されたり覗かれたりするのは当然困る。

外部侵入を防御しておけばとりあえず、電波自体への注意だけで事は足りる。

海外の場合、いたるところに無線LANはあるが、おかしなアクセスを要求してくるところも少なくない。侵入を許可することでどのような不都合が生じるのかはわからないが公共で共有する無線LAN電波において電波のセキュリティ以外の不安を払拭するにはESETおような機能があるだけでも非常に安心だ。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター