1. ホーム
  2. わかる日記
  3. ≫ウイルスソフトの市場調査に役立つ資料

ウイルスソフトの市場調査に役立つ資料

ウイルス対策ソフトのレビューや人気ランキングを更新したり、気まぐれなウイルスソフト評価をしている当サイト。

公開当初より「なかのひと」というアクセス解析を導入しています。この「なかのひと」とは別にウイルスソフトとは関係ないのですが、企業や官公庁などからのアクセス数を計測する無料のブログパーツのようなものとして有名なものです。

ウイルス対策ソフトの比較や評価ランキングなどに興味をもつ方の年齢層、あるいは性別なんかを平均的に調査することも可能なアイテムです。(個人情報等は一切取り扱うものではありません)

当サイトを閲覧いただいている接続元の企業や団体で多いのは大学や大手企業の名前が目立ちます。閲覧の目的などは判断いたしかねますが、ソフトウェア開発企業様などの閲覧も目立っているため参考になるのかどうかわかりませんが利用者の性別、年齢層グラフを掲載しておきます。

ウイルスソフトを比較する人々の分布図

全体像としては男性7:女性3

主に40歳を中心にして30代から40代の年齢層の方の閲覧が多いという雰囲気です。

同データがどのように計測されているかというと「なかのひと」によれば、○○女子大学からのアクセス数が100件あれば、そのアクセスの男女比率はほぼ女性としている。

△△電気株式会社の在籍男女比率が男7:女性3だとすればアクセス100件のうち男70件女30件といった平均値で算出しているとのことだった。

個人的な感想

男女比については、何かの判断材料に使う方法が見当たらないが、ウイルス対策ソフトの比較をする人の大半を占めているのがビジネスマンの主要な年齢層にあたるような結果となっている。

大学名義でのアクセスも、そうとうな量を占めているため、20代の占有率ももっと高まっていいように感じるのですが本ツールでの結果では上記のようになっています。

ウイルスソフトのマーケティングにおけるなんらかの参考になればと思って掲載しておりますが、あくまでも企業ドメイン等のアクセスから読み取られた数値であり一般的な家庭からのアクセス等は含まれていないため、上記解析値はどこまで参考にできるものなのか保障するものではありません。

管理者の観測から予測すれば、無料のウイルスソフトよりも有料で高性能なタイプのほうが人気ランキングで上位を占めているという結果もでています。

無料のセキュリティ(ウイルスソフト)を好むのがどの年代で性別がどうなのか?

高性能なセキュリティ(ウイルスソフト)を好むのがどの年代でどちらの性別なのか?

こういったところまで読み取ることはできませんがウイルス対策ソフトの販売会社や開発会社ではそのような数値も保管されていると思うので公開できるものであればどこかで拝見させていただきたいと思います。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター