1. ホーム
  2. わかる日記
  3. ≫ウイルス対策~ウイルスの基礎知識

ウイルス対策~ウイルスの基礎知識

今回はウイルス対策に関する基礎的な知識をまとめてみようと思います。

ウイルスって何?という水準です。

ウイルスとは

ウイルス(ここではコンピューターウイルス)とはパソコン内部のプログラムに寄生してコンピューター使用者の意図しない動作をする仕組みを埋め込まれたファイル(プログラム)です。

ウイルスの定義

以下の機能を持つものが一般的にコンピューターウイルスと定義されています。近年ではそれぞれ個々の機能を持つだけでなく複合したものが多いというのが現状です。

自己増殖型機能を持つウイルス : いわゆる伝染病です。感染したPC内部でウイルス自体が自分の分身を生み出しネットワーク内や接続されたメディアなどに乗り移って増殖感染していくタイプのウイルスです。

潜伏機能 : コンピューター内部に侵入し、あらかじめ設定された何らかの発動タイミング(特定の処理、時刻など)を満たした際に発動する仕組み。

発動機能 : 意図してインストールしたプログラムとは異なる重要なポイントが発動(発病)機能。戦術の増殖進入と潜伏機能の末、忍び込んだパソコン内で実際に悪意の動作を発動する機能。タイピングを盗み取ったり、PCの動作に障害を与える機能。

ウイルスに感染すると

一般的なウイルスに感染すると以下のような危険に晒されます。

  • パソコン内部(ハードディスク)のデータを盗まれる。
  • 手で入力したIDやパスワードが遠隔で読み取られる
  • 自分のパソコン経由でウイルスをまき散らかされる(ウイルス配布元にされてしまう)
  • 迷惑メールの配信元にされてしまう。
  • 重要な仕事用ファイルなどが使えなくなる。

一昔前のようにデスクトップ上でおかしな画像が出たり、音を出したりするような類は最近ではあまり聞きません。
どちらかといえば、個人情報を盗み取る性格のものや勝手にインターネット上で悪意の行動をする性格のものが多いように感じられます。

ウイルスに感染しないために

ウイルスに感染する理由はいくつかあります。

ウイルスに感染したパソコンと何らかの形で繋がった(ウイルス感染したパソコンで使ったファイルをパソコンに入れたなど)

メールに添付されたファイルを開いた。

ファイル共有ソフト(winnyなど)を使用し無料で使えるのはおかしいと思えるようなファイルやソフトをダウンロードした。

どれもこれもウイルス対策ソフトを導入していないが故に起こるウイルス感染の例です。

通常ウイルス対策ソフトによるウイルス対策をしていれば危険な要素を含むファイルをダウンロードあるいはインストールする間際で注意が促されます。無料のウイルス対策ソフトでは未確認の新しいウイルス定義ファイルも一般的なウイルスソフトならほぼ確認のうえ隔離するのが通常です。

ウイルス対策においては、見知らぬ、無料の、不自然なファイルをパソコンに入れないというのが自身の行動としても鉄則です。

さらにそういった行動を技術的にバックアップするのがウイルス対策ソフトです。

人気のウイルス対策ソフトランキング

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター