1. ホーム
  2. わかる日記
  3. ≫偽ウイルスソフトの配布サイトにご注意ください

偽ウイルスソフトの配布サイトにご注意ください

シマンテックによると2008 年 7 月から 2009 年 6 月の 12 カ月間に得られたデータに基づく分析結果により、ユーザーに詐欺セキュリティソフトウェアを購入させるために、オンラインで説得力のある脅し戦略を利用するサイバー犯罪者が増加していることが明らかになったとある。

この偽者のウイルス対策ソフトを配布、およびウイルス対策が未実施のパソコンユーザーを配布サイトに誘い込むためアフィリエイトプログラムに似たシステムを導入した様子も報じている。

ウイルス対策ソフト利用者となる無知なパソコンユーザーを詐欺ソフト配布サイトに誘いこむため販売価格に応じて報酬を支払うとしてリンクコードを中間業者に配布し、多いところでは一ヶ月で数万本クラスの誘導をしたサイトもあるようだ。

偽ウイルス対策ソフトから起こる脅威

偽者のウイルス対策ソフトを万が一インストールしてしまった場合、怖いのは何だろう。

インストールする際は「セキュリティに関するソフト」と思い込んで導入しているのだ。しかもクレジットカードで支払いを済ますなど、購入者にその気にさせる環境が整ったサイトで販売している。

1本数十ドルのソフトをクレジットカードでダウンロード

実は偽者だった。

数十ドルの損害だ。

しかし、問題はここでは終わらない。そのような詐欺ソフトを販売しているサイトにクレジットカードの決済情報を入力してしまったことに重大な危険が生まれることになるのです。

知らずに盗まれたパスワードやカード情報が悪用され被害が拡大してしまうといった脅威。

これこそが詐欺集団の狙いなのかもしれません。

偽者のソフトにだまされない一番簡単な方法

とりあえず、「有名なソフトを間違えることなく導入する」

といえば、当然のことかもしれません。

しかし、ウイルス対策ソフトというのは実は商品名がはっきりと正式に知られていないような気がします。

日本ではウイルスバスターノートンが大々的にテレビCMを行うなどして注目を集めています。しかし、そのほかにもさまざまなメーカーのセキュリティ関連ソフトが存在し、ネット上や家電販売店の店頭にも並んでいます。

インターネットでダウンロード購入するのが主流となっているウイルス対策ソフトについては、名前を一度知ったら検索エンジンなどで口コミや評価などを少し調べてみるのもいいかもしれません。

それなりにWEB上に書き込みがあるソフトであれば詐欺である可能性は著しく低下するでしょう。(まったくソフトの名前も種類も知らない人にとっては)

私自身も最初はどのソフトを使うべきか非常に悩みました、

たまたまウイルス対策ソフトの比較サイトがあったためイーセットスマートセキュリティをインストールすることになったのが数年前。それまではESETというブランドも知らない状態でした。リンク先のサイトを一度見た上で再度一般的な情報も調べてみた。

そのうえで軽快な動作とかウイルスの検知率が高いとの評価を自分個人で選択したので購入にいたった。

欲しい商品を選ぶ。というあたりまえの行為を行えば詐欺サイトに簡単にだまされずに済むはずです。

緊急性のある場合はより有名なブランドを適切に選択することをオススメいたします。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター