1. ホーム
  2. 人気ランキング
  3. ≫ウイルス対策ソフト人気ランキング2009年総括

ウイルス対策ソフト人気ランキング2009年総括

ウイルス対策ソフト人気ランキング2009年総括
セキュリティソフト簡単比較一覧表

2009年度におけるウイルス対策ソフトの人気と総合比較評価ランキングです。

2009年も残すところあとわずか。当サイトでのウイルス対策ソフト人気と評価総合ランキングです。

2009年度もインターネットではさまざまなサービスがリリースされました。以前からあるサービスでも2009年に急激に日本国内で人気を博したサービスなどもありました(例 Twitter)。年度末にJRやtwitterのサイトが外部から侵入され改竄されたといったニュースもありました。改竄されたページを閲覧すると不本意なウイルスに感染させられてしまったりする例もあるようです。

危険なWEBサイトの閲覧制限などはウェブブラウザ自体にも標準で付属する機能ですがウイルスデータベースの更新などが常時最新とは限らないため市販のウイルス対策ソフトを導入していないパソコンへのWEB経由による感染事故は増加傾向だったようです。Esetをはじめとする人工知能型のセキュリティソフトが人気を博したのもこういった悪意のウイルス環境への対応策としてベストな選択肢になりやすかったということかもしれません。

以下2009年度のウイルス対策ソフトダウンロード本数による人気ランキングです。

 


 

ランキング1位 ESETスマートセキュリティ
V4.0軽さと総合力ウイルス対策&アンチスパム

 


軽さ ☆☆☆
検知 ☆☆☆
操作 ☆☆
名称
メーカー
ESETイーセットスマートセキュリティV4.0
キャノンITソリューション
価格 1ライセンス 1年 4200円
ウイルス
対策機能
トロイの木馬、ボット対策、ファイアウォール、定義ファイル自動アップデート他
特徴 NOD32をウイルス検索エンジンとして迷惑メール対策やネットワーク管理機能などを装備した総合セキュリティソフト。アドバンスドヒューリスティックエンジン搭載。WEB閲覧制限機能がないためインターネットは軽快そのもの。とにかくすべての動作が軽い。

ランキング2位 NOD32アンチウイルス
V4.0 ESET ヒューリスティックエンジン搭載


軽さ ☆☆☆
検知 ☆☆☆
操作 ☆☆
名称
メーカー
NOD32アンチウイルス v4.0
キャノンITソリューション
価格 1ライセンス 1年 3360円
ウイルス
対策機能
トロイの木馬、ボット対策、定義ファイル自動アップデート他
特徴 ウイルス検知率が非常に高い。アドバンスドヒューリスティックエンジンを搭載しているため既知のウイルスだけでなく未知のウイルス検知力も非常に高い。それゆえ企業や官公庁に多く導入される。何よりもPCの動作が軽快であることにおいてはナンバー1である。

ランキング3位 ウイルスバスター
人気不動のウイルス対策ソフト


軽さ ☆☆
検知 ☆☆
操作 ☆☆☆
名称
メーカー
ウイルスバスター
トレンドマイクロ
価格 3台ライセンス 1年 4980円
ウイルス
対策機能
トロイの木馬、ボット対策、ファイアウォール、無線LANパトロール他
特徴 総合セキュリティソフトの代名詞。人気の理由は、取り扱いにおける簡易性が高いこと。動作も年々改良され軽快になっているが、さまざまな便利安心機能を上乗せしていることもあり若干、起動時などに重く感じることもある。メインPC向けセキュリティソフトです。

ランキング4位 ノートン インターネットセキュリティ
好評シェア最大級のウイルス対策ソフト


軽さ
検知 ☆☆☆
操作 ☆☆☆
名称
メーカー
シマンテック ノートンインターネットセキュリティ
価格 3台ライセンス 1年 5,460円
ウイルス
対策機能
トロイの木馬、ボット対策、PCチューンWEB閲覧制限機能他
特徴 ウイルス検知率が非常に高く、外部侵入の段階でウイルスや不正をシャットアウトするためメインPC向きの高性能セキュリティソフトといえる。2009年より軽快な動作になったように感じる。

ランキング5位 マカフィーセキュリティソフト
高性能アンチウイルスソフトの代名詞。


軽さ
検知 ☆☆☆
操作
名称
メーカー
マカフィ
 インターネットセキュリティ
価格 3台ライセンス 1年 5775円
ウイルス
対策機能
トロイの木馬、ボット対策、定義ファイル自動アップデート他
特徴 ウイルス検知率が非常に高い。動作は重いがウイルス定義ファイルの更新は非常に早く、未知の危険への対応力も業界トップレベル。実績のあるセキュリティソフト。

人気ランキングでは1年を通してEsetSmartSecurityが1位を堅守しました。

わたくし個人もEsetの2本をパソコンに応じて使用環境に応じてインストールしております。実際、この1年間をとおしてウイルス感染などの不都合には一切めぐり合うこともなく、いままでありがちなPC不調によるOSの再インストールや不要なパソコン買い替えなどが発生しなかった年度でした。2010年度も継続してメインPCにはEsetSmartSecurityをインストールした状態にしたいと思います。

総じて2009年度のウイルス対策ソフトのマーケットを見ていて思ったことは

軽くてサクサク

といった表現の告知が多かったように思います。軽くて安心できる市販のウイルス対策ソフトは絶対的に導入すべきもので、こういったものが無償になることでシェアが拡大してしまうと大きな被害を生み出すリスクもあると感じました。

やはりウイルス対策ソフトは現代の保険と考え多少の投資は否めないようなきがしてます。

2010年、余計なウイルス被害などが拡大しない世の中でありますように。祈っております。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター