1. ホーム
  2. Macウイルス対策
  3. ≫MAC DefenderはMacの偽ウイルス対策ソフトです ウイルス感染後の行動に注意!

MAC DefenderはMacの偽ウイルス対策ソフトです ウイルス感染後の行動に注意!

Macはwindows用のウイルスを寄せ付けません。

Appleのキャッチコピーより。

そりゃそうでしょうね、OSそのものが違いますから。
ここ数年MacBook ProやMacBookAir、iMacなど低価格で高性能を売りにMacが普及していますね。
やはり、Macのウイルス、しかもタイプ的には怖いウイルス、トロイの木馬タイプのものが流行しているようです。
Mac Defender Macのウイルス対策ソフトを購入させようとする。
MacOS Xをターゲットにトロイの木馬Mac Defenderが進行している。

感染症状

強制的にブラウザへポルノサイトや画像を連続表示(いわゆるブラウザクラッシュ(ブラクラ)させ、ユーザーの不安を煽る。迷惑行為のウイルスに感染しているとの表記を示し偽セキュリティーソフトである「Mac Defender」を購入させようとしている。

注意するべきこと

トロイの木馬は知らない間に侵入して時を見て活動を開始するウイルス。
活動内容はさまざまだが、今回のタイプの場合、ウイルス対策ソフトの購入を煽られても一旦無視すれば良い。

この感染したファイルが引き起こす不具合な症状(ブラクラ)については別途本物のウイルス対策ソフトで駆除処理すればいいとして、問題は偽ウイルス対策ソフトの購入をしてしまうことにある。

偽物の購入サイトでクレジットカードの情報を引き抜かれてしまうと取り返しのつかないことになりかねない。

 

これが偽ウイルス対策ソフトの購入サイトです

では、Mac Defenderの購入からインストールがどのような雰囲気か見てみよう

Mac用偽ウイルス対策ソフト

以下、偽のウイルス対策ソフトを購入後の解説なのでご注意ください。
フランスのセキュリティー会社Intego.comのニュースより

2011-05-21_01-21-30.jpg
Integoのセキュリティメモ – 2011年5月2日
のMAC Defenderの偽ウイルス対策プログラムは、Macユーザーを狙う

マルウェア :OSXの/ MacDefender.A

リスク :低、野生では、今ではなく広く、非常に

説明は :Integoは)結果が発見された偽の検索トップのアンチウイルスでに表示されるサイトは、取得する悪意のあるプログラムは、エンジンの最適化、検索を活用するためにアップ(Webサイトの設定攻撃中毒と呼ばれるのMACのSEOを介してユーザを対象にMacのDefenderを、トリック。
Googleなどの検索エンジンで検索を実行した後で、特定のリンクをユーザーがクリックすると、彼らはマルウェアのスキャンshowingアニメーションイメージを使用して偽のWindows画面を表示するWebサイトに送信されると、ウィンドウは、ユーザーに通知し、コンピュータthat感染しています。 この後、自動的にページファイルをダウンロードJavaScriptに。 ダウンロードしたファイルは、Webブラウザで特定のオプションがチェックされている場合は、圧縮ZIPアーカイブ(たとえば、Safariで”ダウンロード後に開く’安全なファイルは”)、開かれますです。 ファイルが解凍されインストーラは、次の画面でユーザーを提示起動が含まれています:

MAC Defenderは、また、数分ごとに、ユーザーのWebブラウザでポルノのWebサイトのWebページを開きます。 これは、ほとんどのユーザーは、彼らは、ウイルスに感染していることと、そのMAC Defenderの支払い問題であることを緩和します思わせる可能性があります。

 

以上Google翻訳です。

以上、Intego.comより引用

ニュース本家のアンチウィルスソフトはMac用として有名。

IntegoのMac用アンチウイルスソフト ウイルスバリアー

読売新聞に詳しく解説が有りました

アメリカ、ドイツ、イギリスなどでは、Macユーザーが増え、パソコン出荷台数に占める割合も増えてきている(アメリカの場合、16%程度)。日本 ではまだ3%程度だが、Macユーザーが増えていることは間違いない。今まで「Macは比較的安全」と思われてきたのは、ユーザーが少なく、犯罪者にとっ て攻撃する価値が低かったためだが、Macの普及率上がるにつれ初心者ユーザーが増え、ウイルスやオンライン詐欺などの標的として狙われやすくなった

今後はMacでも必ずセキュリティー対策ソフトを導入しよう。

狙われるMac

 

以下、本記事へ戻ります。

Macを使っていて同様のブラウザクラッシュ的な不具合が発生した場合はとりあえずAppleサポートに問い合わせてみるといいだろう。

ただし、ここ最近AppleCareへの問い合わせでこの手のウイルス感染に関するトラブルが多く報告されているようなので繋がりにくいかもしれないです。

現在、日本国内でMac用ウイルス対策ソフトはこちらのページに記載しているものが主流です。

皆さんご存知の有名メーカーなので安心できると思います。

Mac用ウイルス対策ソフト

Mac対応のウイルス対策ソフト ウイルスバスター ノートン

 

この例がどうこうよりも今後気をつけるべきことは

Macはwindows用に開発されたウイルスには感染しないがMac用に開発されたウイルスには感染する。

ということです。

今は少ないだけですがMacそのものが普及すればそういった悪意のウイルスなども自然と開発されて増えていくんでしょうね。

自分も気をつけたいと思います。

スポンサーリンク
ウイルス対策とセキュリティソフトの必要性

お気づきのことがございましたらシェアをお願いします。

 

うっかりミスのウイルス感染を防ぐ
ウイルスバスター